• Choque

成長を恐れないで。

ブラジルには日本と同様、ことわざというものがあります。

ブラジル人もは誰でも、ことわざや格言や笑い話(ピアーダと呼びます)をいくつも持っており、会話の最中にちりばめていきます。

そんなブラジルで暮らしていると、そう言ったものが自然と身についていき、会話の最中に「いまだ!」と思ったときに、ドヤ顔でその場に最適なことわざや格言をぶっこむわけです。 すると「こいつやるな。」みたいな雰囲気になるわけです(笑)

今日、カポエイラレッスン前に白山の柔術道場の和道先生といつものようにおしゃべりをしていた時、話の流れで、ふとブラジルで昔誰かに聞いた格言を思い出したんです。

「ゆっくり成長することを恐れるな。成長しないことを恐れろ。」

これです。 筋トレでも、習い事でも、ダイエットでも、勉強でも、 やろうとしたときにそれらしい言い訳をすることって意外に多くないですか? 大人になればなるほど「やらない理由」はいくらでも捻出できますから。

「家帰って来てソファ座っちゃうと眠くなっちゃうんだよな。中途半端に筋トレやっても疲れる割に効果は期待できないし。」 「カポエイラ習ってみたいけど、どうせならしっかり通いたいし。。。週一じゃあ少ないし。。。」 「英単語覚えたいけど、良いやり方が思いつかないから今はやらない。」

本当にそう思う? 腕立て、20回×1セットだけでもやったら??1分で終わるよ。 週一でも時間が取れるなら来たら? 1日1個覚えるのにやり方なんて関係なくない?

何もやらなかったら「0」だよ「0」! ゼーロッ!

「ゆっくり成長するなんて俺らしくない。ダサい。イケてない。俺は本来ならもっと出来る。」

それは幻想です(笑)

ほんとうに出来る人は、ゆっくり成長することを恐れない人。 ほんとうに出来る人は、10回だけでも毎日腕立てする人。 週1でも隔週でも何とかしてレッスンに来る人。 1日1個でも単語を覚えて1か月で30個も語彙が増える人。

それが出来る人

ゆっくり成長することを恐れないで。成長しないことこそを恐れなさい。 Não tenha medo de crescer devagar. Mas tenha sim medo de não crescer.



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

スポーツとは?芸術とは?④

前回に続き。 つまり、芸術といものが社会の中で居場所を得るのは、 それが社会に対して感動や喜びをもたらすからなんですね。 我々人間の世界に存在する芸術と呼ばれるものの全ては、 当然ながら人間達の間で産まれたもの。 つまり人間達の間にこそ存在できるんですよね。 だから人同士の繋がり無くして、そこには先生も生徒も存在し得ないという事です。 先日、我が師匠と兄弟弟子達でZOOMを介したオンラインレッスン

スポーツとは?芸術とは?③

広い意味で芸術の役割って何だろう? 思うんです。 スポーツも含めてどんな芸術活動も、そこに他者がいないとほとんど意味がないと。 人の心を動かすことなくして、人の感情に働きかけることなくして、 芸術は存在しないと思うんです。 観る者や聴く者に感動を与える、それ無くして芸術やスポーツは存在しえないというか、 それだけだと存在意義が殆ど無いんです。 例えば、一人の画家が神様に向けて、それこそ神がかった一

スポーツとは?芸術とは?②

自分はカポエイラと並行して、ブラジルのマラニャォン州の伝統芸能を学んでいます。 現地で師に弟子入りしてから今日まで12年。 主にリオデジャネイロで様々なショーをマラニャォン州出身の仲間たちと共に行ってきました。 先日、その仲間とテレビ電話で話していたのですが、 やはりブラジルの状況はかなりひどく、 ただでさえ失業率が高かったのに追い打ちをかけて失業者は増え、 それでも職がある人間は食べるために働く

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com