• Choque

憧れのひと

カポエイラにはいろんなスタイルのジョーゴがあります。


ここでいうのは個人レベルでのスタイルです。


そのjogoを初めて見た時に体に電流が流れる経験というのは、

カポエイラを長らくやっている人なら誰もがあるはず。


「学ぶ」は「真似ぶ」。


最初は自分の憧れのカポエイリスタの動きをとにかく真似ました。


動きの意味も分からず真似て、自己満足していました(笑)


これはいろんな人が通る道だと思います。


人によっては先生に怒られてましたね(笑)


「はい、小指たてない!どこで覚えてきたのそれ?!」

「動きがグニャグニャすぎ!それもどこで覚えてきたの?!」

「おちついて。まずちゃんとよけて。」


などなど(笑)



自分自身の先生を信じることは基本ですが、

でも、そうするあまり盲目になってはいけないと思うんです。


だから外の世界に目を向けて、自分自身の憧れのカポエイリスタを見つけることは

良いことだと思います。自分自身の刺激になりますし、周りにも刺激になります。

試行錯誤しつづけるその工夫の中に成長のヒントがあるんです。


小さい頃よく石を拾って帰って来ては、

こっそり母親に捨てられるくらい石が好きだった私。


川辺の石を集めてずっと割り続けると、水晶や金雲母がまじっていて、少しずつコレクションが出来てきます。


「お!ダイヤだ!お!金だ!」


などと言ってテンションが上がっていました。


でもあれは紛れもなく努力の結果の宝石でした。(石割るの結構大変なんですよ。)


そういう感覚ですかね。(どういう)



ホーダや大会などで、自分が初心者だった頃に遠くから見ていた先輩と当たったときは、

何とも言えない気持ちになります。喜びと畏怖とが入り混じった感じです。


「この人のおかげでnegativa(ネガチーヴァ=カポエイラの技)が上手くなったんだよなぁ。」


「この人のgingaを真似たから今の俺のgingaがある。」とか。



誰かに憧れてそれを目指す。

そんなこと社会人になってからはそうそう無いと思います。

カポエイラは年齢関係なく、そういうことをしている世界です。


「あの人のあの技をマスターしたい」

「あの人のあの構えがかっこいい」

「あの人のあの動きがシブい」

「あの人、小指が立ってておしゃれ」(笑)


テレビゲームで技が増えてく感じに近いのかもしれません。



現実世界でやってみませんか?


白い道着で、腰には帯を巻いて、裸足でのびのびとやりましょう。

一緒に真剣な遊びしましょ!

15回の閲覧
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com