• Choque

パンデイロ修理

カポエイリスタ (カポエイラをする人) たる者、 闘って、踊って、演奏して、歌うだけじゃあございません。

自分たちが使う楽器を作ることも、ゆくゆくは覚えていきます。

意外でしょ?

今回は楽器修理をしました。

「ボン、パッ、カタカタ、ボン、パッ、カタカタ」のパンデイロです。

革が時々歪んでしまうので、この度、分解して革を張り直しました。

大まかに説明すると、

皮を外し水につけてやわらかくして、




糸で縫って丸く固定して、


乾いたら張ります。ネジ式です。





まさか楽器の修理することになるなんて、

カポエイラ始めたときは想像もしませんでした。


カポエイラのホーダにもレッスンにも、楽器たちは欠かせない存在です。



相棒です。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

VIVA, RIO DE JANEIRO

Rio de Janeiroと書いて、ヒオ・ヂ・ジャネイロと発音します。 リオ郊外のカポエイラに触れながら、リオデジャネイロの街を称える歌です。 アバダ・カポエイラの歌ですが、他流派のメストレ達やそのホーダへの敬意を込めた歌詞です。 色んな理由でこの歌が大好きです。 カポエイラ初心者の十代の頃、まだカポエイラの音源は今よりレアでした。 仲間内で貸し借りしていたCDのこの曲を通じて師匠(の歌声)を知

ベゾウリっちゃいました。

昨日よりは喉が「開いて」います。 カポエイラやってると、声の出し方まで身に付きますよ。 だから生徒にもそういうレッスンをして、歌が苦手な人なんて理論的に存在しないという事を体験を持って知ってもらいます。 少しのテクニックと、楽しい気持ちがあれば歌は伝わる! ~Agora sim Que mataram seu Besousro Depois de morte Besourinho, cordão

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com