• Choque

タイトル:「バチザード」②

そういえば最近久々に渋谷のブラジルバールBlen Blen Blen(良いお店です。宣伝しなくてもいつもお客さんで一杯ですけど、一応宣伝しときますね。)に行った時、店員のコにこう言われました。


「カポエイラやってみたいんですけど。宗教色が強いって聞きました。」


実はこれ、ブラジルでもよくある誤解なんです。

ブラジルではキッズクラスのイベントがある度に、その機会を利用して、我々先生は言います。


「カポエイラそのものに宗教はありません。カポエイリスタにはそれぞれの宗教を持つ自由がありますが、カポエイラそのものには宗教的な思想はありません。洗礼というのは宗教的なものではありません。」と。


それでも

「カンドンブレだ!マクンバ(カンドンブレの蔑称)だ!悪魔の儀式だ!」などという聞く耳持たずな心無い言葉は絶えずあります。


これは草の根方式で誤解を解いていくしかないですね。

このブログ記事もその一環です。



さて、話を元に戻すと、

初めての人には「BATIZADO(洗礼式)」、

二回目以降の人には単純に「TRODA DE CORDA(昇段式)」CORDAとなるわけですね。


2回目以降となると皆昇段を目指して日々、テクニック、筋力、楽器、歌のレパートリー、ポルトガル語力を上げていくようになります。


やっぱり憧れの帯ってあるんですよ。それを目指して頑張ると。



写真は師匠のMestrando Mobíliaと奥さんのInstrutora Lontraの去年の昇段式す。

場所は我ら「郊外チーム」にとってはお馴染みのLona Cultural de Vista Alegreです。

リオといったサンバ、サンバと言ったら郊外、そしてVista AlegreのLona Culturalは郊外のサンバの重要な拠点の一つです。


2018年のこのバチザードでは子供たちを何人も洗礼しました。



この日本人に洗礼された子供たちが将来世界大会で活躍するようになるのが楽しみです。

ちなみに俺を洗礼してくれたのは何を隠そう、

我がアバダ・カポエイラ創始者のメストレ・カミーザです。



この話をブラジルですると、まじで嫉妬されます(笑

79回の閲覧

最新記事

すべて表示

スポーツとは?芸術とは?④

前回に続き。 つまり、芸術といものが社会の中で居場所を得るのは、 それが社会に対して感動や喜びをもたらすからなんですね。 我々人間の世界に存在する芸術と呼ばれるものの全ては、 当然ながら人間達の間で産まれたもの。 つまり人間達の間にこそ存在できるんですよね。 だから人同士の繋がり無くして、そこには先生も生徒も存在し得ないという事です。 先日、我が師匠と兄弟弟子達でZOOMを介したオンラインレッスン

スポーツとは?芸術とは?③

広い意味で芸術の役割って何だろう? 思うんです。 スポーツも含めてどんな芸術活動も、そこに他者がいないとほとんど意味がないと。 人の心を動かすことなくして、人の感情に働きかけることなくして、 芸術は存在しないと思うんです。 観る者や聴く者に感動を与える、それ無くして芸術やスポーツは存在しえないというか、 それだけだと存在意義が殆ど無いんです。 例えば、一人の画家が神様に向けて、それこそ神がかった一

スポーツとは?芸術とは?②

自分はカポエイラと並行して、ブラジルのマラニャォン州の伝統芸能を学んでいます。 現地で師に弟子入りしてから今日まで12年。 主にリオデジャネイロで様々なショーをマラニャォン州出身の仲間たちと共に行ってきました。 先日、その仲間とテレビ電話で話していたのですが、 やはりブラジルの状況はかなりひどく、 ただでさえ失業率が高かったのに追い打ちをかけて失業者は増え、 それでも職がある人間は食べるために働く

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com