• Choque

カポエイラは合理的③

最終更新: 5月31日

カポエイラの基本のステップというものがあります。


“GINGA”


ギンガじゃないですよ「ジンガ」です。


初めて見る人にはなかなか独特な動きで捉えどころが無いんですが、

実はこれ人間が歩く形と同じなんです。


つまり左足が前に出ていて右足が後ろなら、右手が前で左手が後ろ。

これを大げさなスタンスにしていけば、それはもうジンガ。



このジンガの仕組みを一度理解すると、他の様々な動きが簡単になっていきます。



例えばカポエイラに100個の技があるとしますね。

一つの技を覚えるのに10の労力が必要だとします。

じゃあ、100個の技全部覚えるのに100×10=1000の労力が

いるかというとそうではないんです。


第一の技「ジンガ」を習いながら、第二の技、第三の技と習っていくでしょう?

多分最初のころは頭いっぱいになると思います。


でも1か月もするとある時、それまでに教わったすべての技の

共通点が見えるようになるんです。


そうなればそのあとに教わる技は必ずしも10の労力で習得する必要はないんです。

大げさに言うと、10の要素のうちの5くらいはジンガに含まれているんです。


そしてそのジンガの形は人が二足歩行する形とほとんど一緒なんです。


人は毎日歩きますよね。朝布団から出て洗面所行くにも、学校行くにも、会社行くにも。


歩けるならジンガはできる、ジンガができるなら、カポエイラはできる。


カポエイラは人の体に合わせて出来ているんですよ。


ちなみに、腕や脚が無い方、車いすの方もカポエイラは出来ますよ~。

それはまた別のお話しで。




では

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

スポーツとは?芸術とは?④

前回に続き。 つまり、芸術といものが社会の中で居場所を得るのは、 それが社会に対して感動や喜びをもたらすからなんですね。 我々人間の世界に存在する芸術と呼ばれるものの全ては、 当然ながら人間達の間で産まれたもの。 つまり人間達の間にこそ存在できるんですよね。 だから人同士の繋がり無くして、そこには先生も生徒も存在し得ないという事です。 先日、我が師匠と兄弟弟子達でZOOMを介したオンラインレッスン

スポーツとは?芸術とは?③

広い意味で芸術の役割って何だろう? 思うんです。 スポーツも含めてどんな芸術活動も、そこに他者がいないとほとんど意味がないと。 人の心を動かすことなくして、人の感情に働きかけることなくして、 芸術は存在しないと思うんです。 観る者や聴く者に感動を与える、それ無くして芸術やスポーツは存在しえないというか、 それだけだと存在意義が殆ど無いんです。 例えば、一人の画家が神様に向けて、それこそ神がかった一

スポーツとは?芸術とは?②

自分はカポエイラと並行して、ブラジルのマラニャォン州の伝統芸能を学んでいます。 現地で師に弟子入りしてから今日まで12年。 主にリオデジャネイロで様々なショーをマラニャォン州出身の仲間たちと共に行ってきました。 先日、その仲間とテレビ電話で話していたのですが、 やはりブラジルの状況はかなりひどく、 ただでさえ失業率が高かったのに追い打ちをかけて失業者は増え、 それでも職がある人間は食べるために働く

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com