• Choque

カポエイラの楽器

カポエイラには音楽がつきもの。

今日は主な楽器の種類を紹介していきたいと思います。 そのルーツや、演奏法に関してはまたのちほど説明していきますね。




①Berimbau(ベリンバウ)。

カポエイラの楽器の中で一番重要

といっても過言ではありません。

弓矢にボールをくっつけたような

形をしていて、実際はヒョウタンが

くっついています。


大 - 中 - 小とサイズがあり、

名前はそれぞれ Gunga(グンガ)

Médio(メーヂオ)

Viola(ヴィオーラ)


弾き方もそれぞれ異なります。





②Atabaque(アタバーキ)


見ての通り、大きな太鼓です(笑)

重低音番長。


これがあると無いとでは

音の厚みが違います。

カポエイラにおいてはそれほど

叩き方は難しくありませんが、 ダンスのリズムを叩くときは

難しいバリエーションが沢山あります。


Pandeiro(パンデイロ)


タンバリンではないですよ(笑)

これはカポエイラに限らず、

ブラジル音楽でとてもポピュラーな

楽器で、奥が深いです。

カポエイラにおいては叩き方は

それほど難しくありません。

Agogô(アゴゴー)



「コンッコンッコンッ」と、

かわいらしい音がします。

叩き方も簡単ですし、

女子には人気の楽器じゃないでしょうか(笑)



⑤Palma(パウマ=手拍子)

手拍子です(笑)

人間が生まれた時から持っている打楽器、それは手。 これの生み出すエネルギーは侮れません。

リズムは「パン、パァン、パ。」

とまぁ、その他にも楽器はありますが、

ひとまず当ABADÁ-Capoeiraで使っている楽器は以上です。

これら全てが同時に演奏された時の音の立体感、すごい ですよ。

そこに歌とコーラスが更に入ります。

そしてその輪(roda=ホーダ)の真ん中でカポエイラします。

もうカポエイラやめられなくなります。(笑)


今日はここらへんで、Tchau!

12回の閲覧
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com