本名:鈴木 湖太郎(すずき こたろう)

アペリード*:Choque(ショッキ)

*カポエイラで授かる名前 Choqueは「電気ショック」の意

2002年3月(18歳)

@東京

兄に誘われ東京都北区田端にて

ABADÁ-CAPOEIRAに入門

----------------------------------------------------

2003年7月(19才)

@ブラジル リオデジャネイロ州

本部道場にて練習

第4回アバダ・カポエイラ国際フェスティバルの

7日間強化合宿修了

旧CEMB(カポエイラ研究所)の強化合宿修了

----------------------------------------------------

2005年4月~2006年3月(21歳)

@ブラジル リオデジャネイロ州

現地の水道局でアルバイトをしながら

本部道場にて1年間修業

ブラジル社会と文化における

カポエイラの位置付けへの理解を深める

第5回アバダ・カポエイラ国際フェスティバルの

7日間強化合宿修了

----------------------------------------------------

2008年5月~10月(24歳)

@ブラジル マラニャオン州

アフロブラジリアンダンスを通じて

カポエイラを多角的に理解すべく

マラニャオン伝統芸能のMestre Amaralに師事し

Tambor de Crioulaを習得

@パラー州

アバダカポエイラ普及の為の巡業

鉈を使ったダンスのパフォーマンス担当

@リオデジャネイロ州

Professor Mobília(現メストランド・モビリア)

弟子入り

郊外のファベーラに居候しながら修行

----------------------------------------------------

2009年11月(26歳)

@ブラジル リオデジャネイロ州

​師の元で練習

----------------------------------------------------

2011年6月~11月(28歳)

@ブラジル リオデジャネイロ

ファベーラにて一人暮らしをしながら修行生活

第7回アバダ・カポエイラ国際フェスティバルの

7日間強化合宿修了

当時の指導者資格である青帯(7段位目)に昇段

ZUMBIMBA強化合宿修了

----------------------------------------------------

2012年1月(29歳)

@沖縄​

帰国、本島中部にてカポエイラ指導開始

----------------------------------------------------

​2013年8月

@名古屋

アバダ・カポエイラJapan Open大会にて

総合ほか3部門で優勝​

ZUMBIMBA強化合宿修了

----------------------------------------------------

 

2013年10月

@ブラジル リオデジャネイロ

緑帯(9段位目)に昇段

----------------------------------------------------

2015年7月~8月(31歳)

@ブラジル リオデジャネイロ

第8回アバダ・カポエイラ国際フェスティバルの

7日間強化合宿修了

第8回アバダ・カポエイラ世界大会にて

緑‐緑紫帯の部ビオラ級で日本代表として出場

緑紫帯(10段位目)に昇段

----------------------------------------------------

​2016年8月~2019年2月(32歳)

@ブラジル リオデジャネイロ

2年と7ヶ月の間、練習と現地での指導をしながら

大会やワークショップに参加して生活

ZUMBIMBA強化合宿修了

ブラジル全国大会にて紫帯(11段位目)に昇段

ブラジル伝統芸能グループの一員として

リオ市内を中心に各地で

Tambor de Crioulaのパフォーマンス

----------------------------------------------------

​2019年3月(35歳)

@東京

2年半のブラジル生活を経て帰国

都内にてカポエイラの指導開始

----------------------------------------------------

2021年12月(37歳)

@アメリカ サンフランシスコ

紫茶帯(12段位目)に昇段

Instrutor Choque
鈴木 湖太郎

globo_edited.png