• YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • fc2

 2023 by NOVO. Proudly created with Wix.com

 
グループについて
アバダ・カポエイラ東京
 

当団体はブラジル、リオデジャネイロに本部を置くカポエイラ団体 ABADA-CAPOEIRA(アバダ・カポエイラ)の東京支部として 文京区と渋谷区を中心に活動しています。 

<活動内容>

・ カポエイラ及びブラジル文化の普及

・ カポエイラを通じての肉体と精神の向上

・ 年齢や性別を問わない仲間作り

各生徒の素質を活かした丁寧な指導をモッ トーにして日々励んでいます。

運動経験の有無、国籍や性別や年齢や障害の有無に関わらず、各自の能力に合わせながらしっかりと教えていきます。

また、本気で大会を目指したい人がいればそちらもビシビシ指導します。


リオデジャネイロ本部での世界大会の時の写真

 
指導者紹介
<プ ロフィール>

名前

アペリード(※1)

段 位

: 鈴木 湖太郎 (スズキ コタロウ)

: Choque ”ショッキ”(※2) 

: Corda Roxa(紫帯)

※1 ...
「アペリード」=カポエイラにおけるニックネーム。

全てのカポエイリスタはこれをもらいます。

※2 ...
「ショッキ」=電気ショックという意味。

当時、髪の毛がちりちりパーマであったため。

 

2002年3月   

兄に誘われ東京のABADA-CAPOEIRAにてカポエイラを始める。

 

2003年7月

ブラジルに渡り、世界大会開催中のリオデジャネイロの本部道場にて

1ヶ月間練習。

 

2005年4月

ブラジルに渡り、現地の水道局でバイトをしながら約1年間本部道場にて修業。

2008年5月

ブラジルに渡り、各地で6ヶ月間のカポエイラ修行。

リオにて現在の師に弟子入り。

2009年11月

ブラジルに渡り、リオデジャネイロで1週間の練習。

2011年6月

ブラジルに渡り、リオで6か月間の練習を積み、指導者の資格(当時)である

青帯(7段階目)を取得。

2012年1月

日本に帰国し、沖縄本島でカポエイラ指導開始。

2013年8月

名古屋開催のアバダ・カポエイラ日本オープン大会にて総合と他3部門で優勝。

2013年10月

ブラジルに渡り、リオで1か月の練習。緑帯(9段階目)を取得。

2015年7月

沖縄を引き上げブラジルへ渡り、リオで2か月の練習。

世界大会に出場。緑紫帯(10段階目)を取得。

2016年8月~2019年2月

ブラジルに渡り、リオで2年7ヶ月の間カポエイラ修行。

練習と指導をしながら大会やワークショップに参加する日々。

ブラジル全国大会にて紫帯(11段目)取得。

カポエイラとは別にブラジル伝統芸能グループの一員として、市内各地で太鼓のパフォーマンス。

2019年3月

帰国。 都内にてカポエイラの指導開始。

É o JOGO!